【パーマカルチャー&ヨーガ講座合宿】プログラム紹介『ヨーガについての予備知識(プラーナヤーマ・瞑想編)』

7/21(金)〜7/23(日)
パーマカルチャー&ヨーガ講座〝車輪キャンプ〟

●ヨーガについての予備知識
(プラーナヤーマ・瞑想編)

前回のコメントで書いたように、
アーサナで深いリラクゼーションを得だ後、
リラックスした感覚を保ったまま、
コントロールした呼吸の練習、
プラーナヤーマに続きます。

呼吸は体調が悪い時や激しい運動の後の、
大きく変化している時しか
ほとんど意識されることはありません。

しかしヨーガの実習中、
特にプラーナヤーマの練習以降は
呼吸に対して隙のない集中が保たれます。

▶︎プラーナヤーマの練習のポイント

・プラーナヤーマは、吸気と呼気(と保持)が
滑らかにコントロールされます。

・プラーナヤーマは、呼吸に抵抗を与えて
ある一定のリズムで吸気と呼気を
コントロールしていきます。

・呼吸をコントロールしている最中は、
その時起きている感覚にも、
受動的な経験が保たれます。

プラーナヤーマは、
呼吸と密接な関係を持つ
自律神経や生理機能の調整
といった効果が期待されます。

しかしそ効果以外にも、
思考と感情の制御に効果的で、
実習中はそのような心理的な作用が
経験されることが重要な要素になります。

●瞑想

アーサナで得たリラクゼーションは保たれ、
プラーナヤーマで呼吸や感情が制御された状態のまま、
今一度自然な呼吸に意識を向け瞑想へと続きます。

自然呼吸とは何ひとつコントロールをしていない
その時の起きている呼吸です。

その呼吸を、
鼻先の空気の流れで
感じ取っていきます。

そして瞑想中は、
ただただ呼吸に心を寄り添わせ
静かに時を過ごします。

いまここで起きている
呼吸という現実を感じるだけ。

その時、
なにかと条件付けされた
普段の自分は離れ、一切のストレスも無くなり、
心は落ち着き、本来の私に留まるという経験をしていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
車輪キャンプでは、充実のヨーガ・瞑想実習もあります!
富士山が目の前に広がる最高のロケーションで、
極上のヨーガ・瞑想体験を!

【パーマカルチャー&ヨーガ講座合宿】7/21(金)〜7/23(日)『車輪キャンプ』@富士エコパークヴィレッジ