10/15食講座@秋の遠足編①【レポート】

10/15食講座@秋の遠足編
「日本のごはんと暮らし〜古民家で作って食べる秋のごはん〜」

今回は、秋の遠足編で
食講座の先生である高橋夫妻のお宅へ。
「食と日本の暮らし」がテーマです。

静かな古民家で、
秋風に吹かれながら
シンプルな食
日本の暮らしの素晴らしさ
を体験しました!

まずは窯に火をいれて、
ご飯を炊く準備から始まりました。

この日はあいにくの雨でしたが、
「雨の景色も美しい」と、
参加者の皆さんは、
大変楽しく過ごしていただけたようです。


そして枝豆取りへ!
長南町の枝豆とり、この日が初日。
雨のなかわさわさ枝豆とりましたよー!
枝豆は採れたてが一番美味しいとのこと!

新鮮な枝豆をもぎ、とれたて、ゆでたてをいただきました。
長南町で作っている「エコ栽培」の枝豆です。
エコ栽培とは環境にやさしい農業。
朝とりの新鮮な枝豆は、本当に美味しかったです。

 

 

日本のご飯と暮らし
〜ごはんのこと〜

そして!お食事タイム。
土間の釜で炊いた炊きたてご飯、
お味噌汁、枝豆やレンコンなど、
和の食事をいただきました。

竃ご飯。
火をくべ、竃でたくご飯は、
格別の味です。
おこげに醤油も大満足!

米が美味しければ、
おかずをたくさん、あれこれ味付けしなくても
シンプルな箸休めやご飯の肴で
胃も心も満たされます。

・採れたて枝豆
・焼きレンコン

・ニラ醤油
・辣油
・おつけもの
・唐辛子味噌

・竈焚きごはん
・味噌汁 *自家製味噌

量や見栄えや思想ではなく、
口にはいるまでのプロセスが
シンプルで、ウソのない食べ物。
口に入ってからは、
充足感でいっぱいになりました。

日本のご飯、やはりすごいですね〜☆

体に良いものばかりをもとめず
食べて素直においしい、
少量でも満たされるごはん。

食の原点に立ち還る。
健やかに生きる原点と感じました。