「今日の練習は上手くいきませんでした」【ヨーガQ&A】


ヨーガをしていると
日によって、カラダが重かったり
落ち着かなかったり、硬かったりと
感じる日もあると思いますが、
安心してください

毎日カラダの状態は変わるものです。

最後の瞑想を終えて
「あ~なんだか今日は上手くいかなかったな~( ´△`)」
って思うこともあるかもしれません。

でも意外と日常に戻ったあと、
いつの間にかカラダの痛みがなくなっていたり、
気持ちが軽くなっていることもあります。

ヨーガが終わって日常に戻ったあとも
地味ぃ~にカラダの調整は続いているのです。

恒常性維持機能(ホメオスタシス)のチカラです。

それは辞書的に言うと
「生物体または生物システムが
間断なく外的および内的環境の変化を受けながらも、
個体またはシステムとしての秩序を安定した状態に
保つ働きをいう」という意味になります。

POPに言うと
自然治癒力(自分で自分を癒すチカラ)、
自己調整能力(自分で自分を調整するチカラ)
といったところでしょうか。

それはマジカルパワーでもなんでもなく、
人間にもともと備わっているチカラです。
カラダって凄くないですか?笑

だから怪我しても自然に治るし
全力で走ったあとも息は整っていくし
暑くなれば汗をかいて体温調節してくれるetc
色んな調整作用がカラダには起こるわけです。

伝統的ヨーガの練習では
このホメオスタシスのチカラを
鍛えることが出来ます。
(こういうところが体操、エクササイズ、
スポーツと異なる、伝統的ヨーガの特徴です)

主に
アーサナでは筋肉のレベルで
プラーナヤーマでは自律神経系のレベルで
瞑想では脳のレベルで、
ホメオスタシスが起こり、強化されます。

そして瞑想をおえて日常に戻った後も
ホメオスタシスによる調整は続き、
目の前の現実、取り巻く環境にあわせて
新しい自分の状態に組み替えられていきます。

もっと言えば、
ヨーガをして日常に戻ったときに、
自分の内と外の調整がなされていくことで、
1日のヨーガは完成する
と、言えるかもしれません。

日々その繰り返しによって
少しづつ心身が変容し
日常生活にも影響が及んでいきます。

なので
練習中にパーフェクトな結果を求めず
日常に戻ったあともヨーガの作用へ続き、
ヨーガ的感覚もつづいている

そう意識するともっと面白くなると思います。