ヨーガの基礎ってなぁに?


こんにちは、ちあきです。

今週行ったクラスで
新しく来てくださった方がおられました。

来てくださった理由は、、、
「わたしはヨガの基本がみについてない。」

「悩み」の画像検索結果
おはなしを伺うと、これまで出ていたクラスは、
ちょっとレベルが高く、どんどん色々ことをやるクラス
とのことでした。

さらに詳しくお尋ねすると、ポーズをたくさんやっていたそうです

自分の練習していることがよくわからないまま、
毎回参加するのは消化不良になりそうです。。。

またレベルが高い=いろんなこと(ポーズ)ができる、
との認識がまだまだ強いようですが、本当はそんなことありません。

もしいろんなポーズができないからヨガにがっかり!
していた方がいましたら、どうぞ安心してください。
もうその考え方やめましょう。

===ヨーガの基本について整理します===

①十分なリラックスを経験、自覚、そして反復

→まず自分の身体の状態をよく観察していきます。
自分の身体に起こる緊張の感覚と弛緩の感覚によくフォーカスしてみます。

この両者の感覚をしっかり捉えてください。
それからヨーガの実習のなかで起こる「リラックスした身体と心」がわかるようになります。

「リラックス」の画像検索結果

②観察者になる
→ヨーガは外部からの「形、みため」を追うのではなく
内部から起こる「気持ちのよさ、安定感、落ち着き、静けさ」を感じ、従っていきます。

身体/呼吸/心の様子(感覚)は、一刻一刻変化する
ということを自分の身体を通して、知ります。

思いや感情という熱いものではなく、
理想や幻想に酔いしれるでなく、
イメージに浸るでなく、
「今」そこ、現実的におこっていることにフォースしていきます。

常に自意識的に、ああしよう、
こうしたい、こうしなければ!!
をやめるのです。

自然に起こる身体の反応に任せて、
それを感じとり、観察してゆきます。

この力を養成しています。

「観察」の画像検索結果

③今に寄り添う

わたしたちの頭の中は、
常に昔と未来のことをいったりきたりしています。
ヨーガの実習中も、あれこれ考え、思いにふけますが、
まず「今」自分の身体を通して起こっていることにフォーカスしてゆきます。

それを徐々に続けてゆくと、また気持ちはそれますが、
また今起こっていること(身体感覚でも、呼吸感覚でも)に戻ってきます。
それが5.10.20.30分、1時間と続いていくと、自然と集中した状態になってゆきます。

じょじょに頑張って何かを感じ取ろうとではなく、
リラックスも深まり、自然と起こっていることに気づいている、状態になってゆきます。

これが瞑想へとつながります。

「集中」の画像検索結果

☆☆☆☆☆

一般的、どこを伸ばす、
どんな風に動くとかテクニックが大事と思われますが、
この3つを練習してゆくと、、、
どんなポーズでも、どんな呼吸法でも、
すべて同じルールの元に行うということがわかっていきます。

その3つの「基本」は、
ヨーガの練習を一貫しているものだと思います。
もちろん細かなテクニックや、注意はありますが、
どんな方もこの3つをぜひ練習していただきたいです。

そうすると、、、
「あぁヨーガって自分なりにやっていけるものだな」
「ヨーガの効果とはなかなかいいものだな」と思っていただけるのではないかと思います。

リラックスして、気づきを広げて、
自然と自分の身体.呼吸.心に集中している。

ヨーガ教室をでても、
この経験は必ず皆さんにフィードバックされますよ。

これからヨーガをしたい方
ヨーガにがっかりしている方
ヨーガって大したことないなと思っている方
ヨーガの効果を実感していない方

ぜひ新たなアプローチとして、
トライしてほしいです。

自分の身体の経験は、
本より、人の情報より、信頼できます。

この3つの「基本」は、
自分自身で経験してゆきますので、
比べる必要もありません。

「リラックス」の画像検索結果

現代人がヨーガをしてホッとする要素。
人と比べない
自分のペース
評価しない
深くリラックス
心と身体が整う感覚

これらを得るには
「3つの基本」をしっかり練習していくと、
一皮むけた自分になりますよ。

基礎を身につけて、楽しく、緩やかに、
伸びやかにヨーガをして、

みなさんに気持ちの良い毎日を送っていただきたいと思います。

 

関連記事

最近の記事

PAGE TOP