水に浸かって気分転換

こんにちは。ちあきです。

暑い毎日、こんな時は、クーラーで冷んやり涼むのも気持ちいいですが、

みなさんどうやって涼んでいますか?

私はここ数年、夏はゆるやか〜にプールに通っています。

小学生の時、いやいやスイミングスクールに通わされたので(親にまんまと入れられました、笑)

一応泳ぐことはできます。3年くらいは通ったので、バタフライ以外は習いました。

クイックターンが、どうしてもうまくできず挫折したことを覚えています。

 

そして、数年前、数・十・年・ぶり!!にプールに行ったら、びっくりです。

く・くるしいー!!

息が!保たない!

前に進まない!

25メートルで精一杯!!!

となんとも凄まじい劣化を感じました、、、。

 

でもそれと同時に

「水の中はなんと気持ちいいのだろう!!」と感じたのです。

●水泳の効果●

喘息、冷え改善、ストレスの発散、脳の発達、風邪予防、肩こり改善、筋肉を鍛えることで姿勢改善、など。

(引用:ネットより https://suisuibouya.com/entry/suiei-kenkoukouka)

この「ストレス発散」という点で、納得です。

そう。プールに行くと、脳内世界が変わるのです、笑

 水泳には同じ動作を繰り返すリズム運動なので、泳ぐことで脳内にサロと人という物質が分泌され、ストレスを解消することができます。セロトニンとは別名『幸せホルモン』と言われており、脳内から分泌されることで、精神を安定させてくれる役割があります。このセロトニンを泳ぐことで増やすことができるから水泳はストレス解消に効果があるのです。

 他の神経伝達物質であるドーパミン(喜び、快楽など)や乗るアドレナリン(恐怖、驚きなど)などの情報をコントロールし、精神を安定させる働きがあります。セロトニンが低下すると、この2つのコントロールが不安定になりバランスを崩すことで、攻撃性が高まったり、不安やうつ、パニック障害などの精神症状を引き起こすと言われています。(引用:上記と同じ)

ヨーガをしているから無敵ではなく、万能でもなく、普通にデスクワークをすれば煮詰まり、

疲れを感じたら、気分転換もしたくなります。

良い脳内物質が分泌されることで、気分のbefore/afterも変化し、体も程よい疲労で心地よくなります。

そしていろんな考え事も一掃されていることに気づきます。

 

そして同時に、持久力、体力、肺活量などまだまだ鍛えられるな、、、と思っています。

子供の時は、ノーブレス(息継ぎなし)で25メートル平気でしたが、今はそうはいきません、笑

プラーナヤーマの練習が地味にこの肺活量をあげる練習に繋がらないか、、、と、ひっそりお試しもしています。

水泳は、

身体が楽に長く泳げる。息が楽に長く保持できる。(*早く泳ぐことが目的ではない場合)

 

ヨーガは、

姿勢が楽に長く保てる。息が長く無理なく保持できる。

 

動的と静的な両者ですが、個人的にはとても組み合わせが良いと感じています。

恐れや怒りなどから、ストレス反応が起こり、脳下垂体からに分泌腺に指示が送られ、アドレナリン、コルステロイド(副腎皮質ホルモン)が分泌される。そして交感神経系と代謝のプロセス全体が賦活される。このような状態が反射的にくりかえされることは、心身に大きなダメージを与える。

気分転換、ストレス対策/解消は、いろんな方法があります。

自分にフィットする方法が見つかると、きっと暑い夏も乗り切れるかもしれません!

毎日のストレス、暑さの疲労。

体の中から気持ちの良い状態になり、ぜひ夏を乗り切って行きましょう〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

PAGE TOP