インド・ワルリ族の民族画との出会い

西インド・マハラシュトラ州に暮らす、先住民ワルリ族。
ワルリ族はジャングルに囲まれた村で稲作を営み
牛と一つ屋根の下で暮らし、自然と共生する術を知る人々。
自然の中に神々を見出して、畏れ、尊敬し、感謝しながら生きている民族。

そのワルリの民族画。ラジェーシュ・モールさんが描いた作品です。

この絵からは、太陽や、土、風、空
緑のみずみずしさが溢れ出ていて
そのエネルギーが絵から周りにあたたかく
拡がっているように感じました。
とても生命感に溢れ、見ていると不思議と癒されるのです。

この絵から自然の神秘、ヴァイブレーションが
込められているのをビシビシ感じ、僕はすっかり魅せられるました。


僕がヨーガのクラスを担当させていただいている
調布市仙川のツォモリリ文庫
(http://tsomoriribunko.com/)で、
毎週、毎週、僕はこの絵を見ながらいろんな想いを巡らせました。

この絵の中心には
蓮華座で瞑想しているような人が鎮座しており
周りに自然、人間、多様な生物が描かれています。

そのことから
〝生きとし生けるものは
みな死んだらチリとなって自然に還り
ふたたび違う形で構築され
新たに世界に産出される〟という
生命の循環のようなものを表現しているのかな?
などと、色々と絵に描かれた世界観に想いを巡らせました。

そしてある日
この絵は〝5エレメンツ(五元素)〟というタイトルで
地水火風空を表現したものだと知りました。
絵の真ん中にいるのはワルリ族の神様で、
その周りに五元素が表現され、世界が展開しています。
その解説を聞いて、僕は一層この絵に惹かれました。

IMG_1180 2
(↑ツォモリリ文庫/浜尾和徳さんによる絵の解説)


ワルリ画について、ツォモリリ文庫さんは言います。
〝自分が見たもの、聞いたことを丸、三角、線
といったシンプルな形で表現する素朴な絵には
ワルリ族にまつわる様々なストーリーが
込められている一方「絵」という様式を用いた
記録のようにも思えます〟と。

すべての絵に込められたストーリーはおそらく
部族のアイデンティティに密接に関わるものであり
自然と共生し、豊かに生きるための〝智慧〟が、
記録されているのだと推測しました。

そこに描かれた絵は
どの時代の人も必要としてきたような
普遍的な智慧なのではないでしょうか。

ワルリ族は、今もその絵に描かれているような
生活をしているようです。
遠く離れた都会にもを及ぼすほどの
強烈で穏やかなチカラに驚きました。

ワルリ族の精神性をリスペクトして
その純粋なエネルギーにあやかって
僕ら東京ヨーガセンターも〝ヨーガ〟という智慧を
この都会で応用し、実践していきたいと思います。

今ヨーガセンターの道場にきてくれましたので、
お越しの方はぜひみなさん見てくださいね!

 

関連記事

最近の記事

PAGE TOP