「人と自分のために、たくさん動ける自分でありたい」

 

週1回、ちあきが担当している『出張ヨーガクラス』に通うカナさん。コロナ渦でクラスが休講になり『TYCオンライン』をスタートさせました。それが功を奏し、ヨーガの習慣化に成功。

現在『出張ヨーガクラス』も再開し、リアルレッスンとオンラインの両方で、ヨーガを毎日されています。この毎日ヨーガの効果が素晴らしく、ヨーガの精度、丁寧さ、集中力が激変。そんな急成長を遂げるカナさんに、ヨーガを取り入れた日々のことを聞いてみました。

<会員インタビューNo.13>
【名前】カナさん
【年齢】47歳   
【職業】パワーストーン鑑定士
【ヨーガ歴】6年半
【実習頻度】週1回➡︎2020年6月より毎日
【効果】腰痛改善、風邪をひかなくなった、喘息症状の軽減、睡眠の質向上、精神力の向上、行動力の向上、心の余裕、時間を有意義に使える、身体が良く動く、やりたいことがたくさん出来る、人のためにたくさん動ける


【1.ヨーガとわたし】

〝身体が整うと、やりたいことがたくさんできる〟


ーヨーガを始めたきっかけ、動機は?

ヨーガをする前も体に良いこと、健康を意識して、
食事や睡眠に気をつけていました。
でも身体を使ったり運動することは出来ていなくて、
そこを強化したいと思っていました。

不調はなかったけど、
年齢による体調の衰えを感じていたので、
無理せず、継続できるものをやりたかったんです。


ーやってみてやれそうだと思ったのですか?

最初は自分のできなさ具合に驚きました(笑)。
学生時代はスポーツをやっていたけど、
久しぶりに身体を動かしたら、思うように動かず、
身体の衰えを強く感じたんです。

〝これはやっていかないと、まずいことになる!〟
と思いました。

最初の〝90度に足をあげるポーズ〟で足があがらず、
腹筋のなさにガクゼンとして、、、。
そこで出来ることから始めようと思いました。

周りはお年寄りばかりなのに、
めちゃくちゃ体が動いているのもビックリしました。
自分も歳とったとき、あれくらい動けるようになりたいと思ったんです。


ーヨーガをしてよかったことは?身体面はどうですか?

腰痛が良くなった。それまでは無理をすると、
年に数回痛くなったけど、今はほぼなくなりました。

風邪もひかなくなった。
最後にいつひいた記憶にないくらい。
喘息も持っていて治ってないけど、体質は変わったと思います。

それは色々と健康に気をつけているのもあるけど、
ヨーガで体の細部が変わってきたからですね。


ー精神面の効果はありましたか?

楽観的なので、あまり悩まないんです。
ただ、自分の気持ちに波がある状態はイヤで、
自分の精神を一定のテンションに保ちたい気持ちがあります。

何かあったときにピリピリ、
イライラせず、疲れてもグッタリせず、
どんなときも一定のテンションを保っていたい。
ヨーガをしてからは、より無理なく、
それが出来るようになった気がします。


ーどういうときにそれを感じますか?

何かあっても自分の感情が激しく荒れたり、
乱れることがほとんどなくなりました。

過去の記憶に心が振り回されることもないんです。
元々そういう性格ですが、強化されていますね。
過去を考えて落ち込む人も多いけども、
わりと私は今〜未来のことばかり考えていて
〝今日はなにを食べようか〟とか、そういうことの方が大事なんです。


ー生活/仕事/趣味への影響はありますか?

時間が有意義に使えるようになりました。
身体が整うと、沢山やりたいことが出来るんです。
本も読みたい、音楽も聴きたい、映画も見たい、
美味しい料理も作って食べたい。

自分のしたいことを欲張れるようになっています。
歳をかさねても、それを出来るだけ長く、
沢山したいと思っています。

それと心身が整ってフットワークも軽くなれば、
人のためにもたくさん動けますね。

ーいま、新しく挑戦していることはありますか?

自分が出来ることを、
1日の中で欲張っていくことです (笑)。

たとえば、
疲れたとき「ご飯買ってきちゃおう」となりがち。
今は何でも手に入るから、それって簡単ですよね。
でも時間をかけて自分でご飯を作ったり、
お菓子やジャムを作ったりする方が
美味しいし、楽しい。

それを誰かのために作ったり、おすそ分けをして、
人に喜んでもらえたら、もっと嬉しいです。

私にはそういう時間が大切で、
色々なことを面倒臭がって、おろそかにしたくない。
あたりまえなことを、大切にしたい。
そのために心身を整えておきたいんです。


ー凄く共感できます。いま、世の中も元気がなく、疲れている人も多いですよね。

そうなんですよ!だから仕事が終わって、
電車にのって、グッタリ疲れている人を見ると、
「もっと頑張れるよ、スイッチ切っちゃダメだよ」
って思うんです(笑)

それこそヨーガをオフィスで取り入れたら、
働く人は、仕事が終わっても元気に帰って、
家でご飯を作ったり、もっと色々と出来ることが増えると思いますね。


【2,コロナ渦でのヨーガ】
〝自分の心掛けしだいで、身体は変わる〟

ーコロナ渦で、生活の変化があったと思います。
ヨーガクラスも4ヶ月休講になりましたが、
それでヨーガとの付き合い方や、心境に変化はありましたか?

休講が決まってから、自分でやろうと思いました。
それで〝むかし買ったDVD付きのヨガ本〟を
見てやってみました。

そうしたら
ちあき先生とのレッスンとあまりに違いすぎて、
具合悪くなってしまったんです(笑)。
3冊全部やったけど、全部合わなくて。

だったら
「いま習っているものを、覚えている範囲でやろう」
とやってみたら、ひとりだとうまくいかないんです。
苦手なものはやらないし(笑)。
好きなものだけやっても、身体は整わなくて、、、。
それで休講して2ヶ月目に、四十肩になってしまったんです。

「本格的にマズい」ってくらい痛くなって、
また〝DVD付きのヨガ本〟3冊をやってみたけど、
やっぱりしっくりこなくて、、、。

困っていたところに『TYCオンラインヨーガ』
https://bit.ly/2HE0348)が始まったんです。


ーでも、週1回のヨーガクラスがあったとき、家でも少しヨーガされていたんですよね?

ちょっとカラダを緩めたり、
簡単なポーズや呼吸法とかやっても15分くらいです。
週1クラスがあるときは、それも効果がありました。
でも週1クラスがない状態で、ちょっと家でやってもダメで、、、。

それで休講中は、
自分のカラダの状態もわからなくなっていました。
だからカラダの不具合にも気づけなくて、
気づいたときにはひどくなっていました。

週1クラスは
〝その日の自分〟や〝今週の自分〟の状態を、
確認するのに大事な時間であることを実感しました。
やっぱりヨーガのあとは視界がスッキリして、
心身が整って〝よし!またこれで頑張れちゃうな!〟
という感じになるんです。

でも今回、休講になり、身体に不具合がでたことで、
コンスタントに自分を整える大切さを実感しました。



ー『TYCオンラインヨーガ』やってみてどうでしたか? 

ものすごく良かった!
あのクオリティでやっていただけることが、
ありがたいと思いました。
もちろん、いつもの週1クラスで
90分しっかりヨーガをするのも大切だけど、
オンラインは別の良さがあって、凄くわかりやすい。

動画を見ながら、
一つ一つの技法のポイントを理解できるのもイイ。
動きや形、やり方を確認しながら練習することで、
自分のヨーガも変わってきたと実感しています。

ヨーガを毎日やりたかったので、
日常に組み込むツールとして
『TYCオンラインヨーガ』は最高。

やっぱり先生の言葉があるから、
身体が動くし、頑張れます。

自分でやろうとしても良く出来ない。
思い出しながらやるのが難しい。
保つ時間もよくわからないし、
苦手なポーズ、キツイはやめちゃうし、、、。
自分の好きなものだけやっても、おそらく鍛えられないですよね(笑)。


ー『TYCオンラインヨーガ』始めて4ヶ月。成果としてはどうですか?

もともと良く眠れるんですが、
より睡眠の質が高まりました。
朝起きた時の、体の軽さが違います。
ヨーガをやって寝るからだと思います。

それは『TYCオンラインヨーガ』を始めてから、
初めて感じたことです。
朝おきたらめっちゃ元気で〝今日も色々やろう!〟と思える。


ー毎日ヨーガをすることで、実習している感覚は変化しましたか?

ただ毎日やっているだけなのに、
動きのスムーズさとか、柔軟性とか、集中力とか、
凄く効果が出てきています。

ちあき先生がクラスでいつも
「気持ちの良いところでポーズを保ちましょう」
と言いますが、苦手なポーズに関してはキツくて、
気持ち良いどころじゃなかった(笑)

でもオンラインを
毎日30分〜40分継続するようになり、
苦手なものも前向きに練習することで快適な感覚が増してきました。


それとプラーナヤーマ(呼吸法)が終わり、
最後の瞑想ではすごく静かになります。
その時にしかならない、
自分にしかわからないような感覚。
すべてが止まってしまったかのような静寂が、とても気持ちいいです。


ー家でヨーガをやるようになってから、旦那さんからは何か言われますか?

続けることが偉いねと言われます。
でも頑張っている感じじゃなく、
やりたいことを楽しくやっているだけで。
私のなかでは漫画を読んでいるのと変わらない(笑)。


ーやりたいと思っても出来ない、続かないという人も多いと思うんですよね。

ヨーガは気持ち良いから、
続かないことの意味がわからない(笑)。
時間がないと言う人が多いけど、
時間は作りだすものだから。
何を優先するか?だと思います。

自分の体は一個しかないから、
私はもらった身体を大切にしたい。
だから毎日のなかでヨーガを優先しています。

食べ物や、生活を
大事にすることで身体は長持ちする。
自分の心がけ次第で、身体は全然変わってくるから。
自分がそれに気づけなかったら、
誰も気をつけてくれない。
子供の頃は親が面倒みてくれるけど、
大人になれば自分で管理するしかない。

歳をとると身体も動かなくなるから、
元気でバンバン動ける時期はそう長くない。
やりたいことをやろうと思っても、
カラダが利かなくなっていくし、
時間はそんなに長く残されているわけじゃない。

だから少しでも、身体の衰えにあらがって、
身体を大事にしながら、やりたいことを、
末長くやれるようにしていきたいです。


ー日常生活で、ヨーガを習慣化したのは大きいですね。
毎日やるのは本当に凄い。整いかたが違う。
週1レッスンも通って、日々のオンラインも続けていきたいと思っています。

オンラインは自宅で好きな時にで出来るから、
忙しい人にオススメですよね。
ぜひ、時間を作ってヨーガをやって欲しい。
日本中どこでも受けることができるし、
それがみんなにとっていいことな気がします。


【3.これから新しい生活様式でのヨーガとわたし】
〝毎日やることで、心に余裕が生まれ、良いテンションが保たれる〟

ーお仕事はパワーストーン鑑定士とのことですが、
ヨーガがお仕事に影響を及ぼしていることはありますか?

仕事は〝その人のために〟という時間。
その人の悩み、相談に対して、
少しでもその人が何か向上したり、
苦悩や苦痛が減ってもらえたらと思っています。
それは私ができるわけじゃないけども、
安心とか、希望とか、きっかけのかけらは提供できると思うので。

そのためには自分のコンディションは良い状態に、
一定に整えておかなければならない。

一人目のときは元気だけど、
二人目のときはヘトヘトというわけにはいかない(笑)
だから一人目に元気で向かい合う。
それが終わったら気持ちをリセットして、
また次の人にも元気で向かい合う。

そうやって仕事の最初から最後まで、
一定のテンションで人と向き合うことで
良い仕事が出来る。

そのためには、筋力なり、精神力なりを
整えておかなければならない。
そこにヨーガは凄く影響をしていると思います。


今後の目標、チャレンジしたいことは? 

まず自分のため。
そして自分の家族、友達、大切な人のため。
プラスまだ出会ってない人たちのために、
動ける自分でいること。やれる側の自分でいること。
人の役に立ちたいです。

見えるところでも、見えないところでも、
自分の充実した生活は、
色々な人のお陰だと感じるので、
自分も人に出来る限り貢献したいです。


ー伝統的な観点からするとヨーガは、そういう気持ち/精神性を強化する修練になっていると思います。

ヨーガを毎日やったことで、
さらに、そうなったと思います。
心に余裕が生まれて、良いテンションを保てるから、
それが出来る。

〝したいな〟から〝出来る〟になっていく。
そこにヨーガは影響していると思います。
身体が痛かったり、悪かったりしたら
〝やってあげたいけど、ごめんね〟って
感じになっちゃいますから。笑


ーこのヨーガをどんな人におすすめしたいと思いますか?

万人にオススメしたいです。
学校で教えた方が良いと思うくらい。
ご飯や歯磨きやお風呂と同様に、
ヨーガを日常の習慣として多くの人に取り入れて欲しいです。


ーなぜそこまで皆がやった方が良いと思いますか?

健康でいれる時間を長くできたら、
もっと欲張れるし、もっとやれることも増えるから。
いま疲れている人や、具合が悪い人多すぎるので。
医者に行ってお金を払うより、
どこか悪くなる前にヨーガをした方が絶対イイです。

食事や睡眠と同じように、
ヨーガは生活の大切な基盤となるものです。
〝人が大事にした方が良いこと〟の一つだと思います


ー今後、ヨーガとどう付き合っていきたいですか?

継続した方がいいことは地味なことだと思います。
ヨーガもそうですよね。
そんな派手なことじゃないし
そんなに効果がメキメキわかることではない。
でも続けた結果は、必ず違う未来になると思うんです。

でも結果ばかりを期待しているわけではありません。
私はただ、この時間が細く長く、
出来る限り続けばいいなと思っています。
歳をとって、体に不具合が起こっても、
そのときに出来る範囲で、出来ることをして、
ヨーガを続けていきたい。

たぶん、それを続けた先に、
カワイイお婆ちゃんになっているとか、
そういうことでイイなと思っています。

 

関連記事

最近の記事

PAGE TOP