レポート『身体の安定性を強化させて、坐法に親しもう〜アーサナ技術解説篇〜』レクチャー


レクチャー第二回目が終了しました!

たのしく、わかりやすく、ヨーガを続けて欲しい!という想いをこめて「アーサナ」を深めるレクチャーです(アーサナ=ヨーガのポーズ)

11月から3回シリーズで開催中の第2回目。
アーサナは坐法、瞑想のための姿勢が原点ですが、今月はハタ・ヨーガのアーサナについて理解を深めてみました。

ヨーガの古典文献を確認しながら学び、さまざまなアーサナにチャレンジしながら体感する。そんなレクチャーを目指しました。

前半は「ハタヨーガのアーサナについて(知識/理論)のはなし」

ヨーガでストレス解消、身体のコリ、疲労の解消も良いことですが、古典文献を見ると、アーサナにはさらに深い意味があることがわかります。

そこに秘められたコンセプト、意味、目的を知ることであらためて「ヨーガって面白い!」と感じてもらえたら嬉しく思います。

後半の実習は「伝統文献にあるアーサナを中心にトライ」

通常はあまりしない難しいアーサナにもトライし、笑いもおこりつつ、チャレンジする楽しさに溢れました。ただカタチをつくるだけじゃない、アーサナの奥深さを実感できたのではないでしょうか?

レクチャーで得た知識を、実習に反映させることで、いつもの練習の感触が大きく変わっていきます。


ヨーガでは、知識/理論を知ることは重要です。

闇雲にアーサナをしても
「身体を動かして、血流が良くなりました」 「身体が伸びて、気持ちいいです」「筋肉がゆるみました」
という効果だけに留まってしまいがちです。それだけなら柔軟体操やマッサージや温泉などでも得ることができそうです。

それは尊いことではありますが、ヨーガがもっているポテンシャルを考えると、それだけで終わるのは、勿体ないことです。さらに面白いことがたくさんあり、さらに素晴らしい効果があります。

ヨーガの最初の興味はアーサナだと思います。
「色々なポーズが出来る様になりたい」
「身体が柔らかくなりたい」
多くの人が最初はそういう気持ちがあると思います。

そこから、だんだんと
〝この練習にはなんの意味があるんだろう?〟
〝ヨーガで経験したあの境地は何だったんだろう?〟
〝自分の身体と心に何が起こっているんだろう?〟
といったところに、興味が広がっていくと、もっともっとヨーガが面白くなっていくと思います。

伝統的ヨーガは奥深いです。

僕らもヨーガの練習を積み重ねるだけではなく、
知識/理論を知ることでドンドン、ヨーガが面白くなっていきました。やはりヨーガセンターに来てくださった皆様には、その感動を伝えていきたい想いが強くあります。

参加してくださった皆様、ありがとうございました。
(すなお)

関連記事

PAGE TOP