気分がぶちアガることだけを365日書き綴りたくなる手帳

いま、僕が使っている手帳がイイ感じなんです。

友達がこの手帳を使っているのを見た瞬間、一発ノックアウトされてしまい「令和3年はこれだ!」と即買いしました。外苑前にあるワタリウム美術館のショップで。

これは「インドの伝統工芸・ブロックプリントの製作過程で使用される、下敷きの布をアップサイクルし、カバーに使った手帳」で、ただならぬ雰囲気を感じました。(※アップサイクル=本来であれば捨てられるはずの廃棄物に、デザインやアイデアといった新たな付加価値を持たせることで、別の新しい製品にアップグレードして生まれ変わらせること。らしいです)

もともと作業台に使われていたものなので、模様/絵柄は偶然の賜物。すべて違うデザインの一点ものです。そのときはいろいろ販売していたので、30分以上悩んだ挙句、このデザインの手帳にしました。

(⬇︎手彫りの木版を使って布にインクを押し付けていくブロックプリント)

毎日手にとって、見て、書きたくなるような素敵な手帳です。

そんな手帳を買ってしまったものですから、どうせなら、ここには自分にとって〝よいこと〟〝気分がぶちアガること〟を365日分、集めてみようと思いたちました(笑)。その日あった印象的な出来事、嬉しかったこと、楽しかったこと、感動したこと、新しい気づき、アイデア、胸に刺さった言葉などを、あえてセレクトして綴っています。スペース的にそんなに書けないので、書き残したいことは厳選し簡潔にしなければなりません。それもまた良いなと思っています。

そんなつもりで毎晩、1日を振り返ってみると、毎日毎日、ホントに小さなことかもしれないけども、良いこと、嬉しいこと、面白いことが、結構あることに気づかされます。そして小さなことでも自分の心は喜んでいることに気がつきます。いろいろな人に助けてもらったり、良くしてもらっていることにも気づかされます。そのような気づきが蓄積されていくと、自分の生きている日常が愛しく思えたりします。

昔のテレビCMで「まいにちがスペーシャールまいにちがスペーシャール」って連呼する曲がありましたが、誰の曲かは知りませんが、偉大なフレーズだなと思います(笑)。毎日その精神で浮かれて生きていくことが理想です。

ネガティブな出来事、言葉や情報はインパクトが強く、心は支配されやすいものです。

でもよく思い起こしてみると、不運なときも幸運なことは起こっていたりするし、困難なときも助けてくれる人がいたりするものです。ツイてない時は、どうしても悪い方、悪い方にフォーカスしてしまい凹んでしまいがちですが、いっぽうで〝良いこと〟〝別の何か〟も起こっているんじゃないか?という視点を忘れずにしたいものです。もちろんそれは簡単ではないかもしれませんが。

なので常日頃、なんでもないときから、自分の現実に起こっている〝良いこと〟をちゃんと認識し、そこに心をフォーカスしていくことが、心の健康を守るうえでも大切な気がしています。今回の手帳への試みは、そのための実験でもあり、チャレンジでもあります。

そんなわけで今日も、この手帳を書きながら1日を省みて、今日の出来事や人との縁に感謝し、眠りたいと思います。

(すなお)


 

関連記事

PAGE TOP