インストラクターコース

※現在募集は締め切っております。

自信をもって教えられる
インストラクターを育てます。


「身近な人が健康で幸せであってほしい」
という気持ちは、ヨーガを教える純粋な動機です。

華やかなインストラクターになり自己賞賛されることが目的ではなく、
身近な人が、ヨーガの実践によって健康で充実した人生になること。
そこに目的や、やりがいを持つことは、
あなたの学びや経験を意義あるものにしていくことでしょう。

東京ヨーガセンターは、本部のポリシーと同じく、
現代社会に生きる人たちの心と体の平安のために、
ヨーガを共有することを1番の目的として、インストラクターの育成をします。

この講座では、
まず少人数に確実にヨーガの技術と知識を
共有できるようにトレーニングしていきます。
それが〝教える〟ための揺るぎない基盤になります。

自信をもってヨーガを教えるには?

自信がつく3つの理由

流行に左右されない〝伝統的ヨーガ〟

その理論と技術、実践方法を学べる。


「いろいろなYOGAが溢れすぎて、
どこで習えば良いのかわからない。」
そんな悩みをよく聞きます。

まずはヨーガの原点に立ち返り、
インドで継承されてきた
〝伝統〟としてのヨーガ
はどういうものなのか?

その根拠を文献で確認し
〝コンセプト〟〝理論〟〝技術〟を
理解していきます。

また、超常的世界や神秘体験を追うのではなく、

現実レベルで理解、実践可能な領域で
ヨーガを学び、提供します。

現代サイエンスの知識をもって、

ヨーガを理解できる。


現代人の不調を改善するヨーガの効果
『よく眠れる』
『リラックスする』
『体が軽くなる』
『内臓の調子がよくなる』
『健康になる』
『集中力がつく』
『脳の疲労が取れる』
『判断力が冴える』
『感情の起伏が安定する』
『心身の安定化』
『生活が最適化する』

科学的根拠をもってヨーガを理解するので、
様々な不調にヨーガで対処しやすくなります。

49年に渡り結果を出しつづけている

〝ティーチングメソッド〟を習得できる。


東京ヨーガセンターは、創設49年。
2020年には、創設50年を迎えます。
創設以来、多くの人が、
無理なく継続できるヨーガを提供しています。

ヨーガによって「健康維持/向上」
「生活/人生が変容」していく様子を、
たくさんの会員様を通して見てきました。

東京ヨーガセンターが
レッスンで成果を出してきた秘訣は、
ヨガマニア向けでなく、
万人に結果を出すための
ティーチングメソッドにあります。

他社との違い

世の中にあふれているYOGAは、ポーズ至上主義。
カタチの美しさ、柔軟性ばかりを追求した
ポーズ指導ばかりです。
美容・健康体操、エクササイズ、
ボディビルディング的なYOGAでは、
本来のヨーガが目指す効果がほとんど得られません。
ヨーガはそれ目的につくられたものではないからです。

私たちTYCは違います

東京ヨーガセンターでは、
ヨガ風エクササイズとは異なった
インドの〝伝統的ヨーガ〟の理論と技術を学べます。

〝伝統的ヨーガ〟の目的は「心の制御」。
自身のセルフコントロールです。
 
心の葛藤や、
感情の激しさを弱めて行くことで、
体の健康、心の安定を取り戻し、
心身に新しいバランスを構築していきます。

このヨーガを実践することで
【現代人が抱える多くの悩み】を改善することができます。
・眠れない
・イライラする
・体全体の過緊張、
・脳の疲労
・姿勢の改善
・胃腸の働きを改善させる
など。
 
これらの要望の方に、ポーズをたくさん教えても、
改善させることは難しいです。
伝統的なヨーガは「ヨガで不調を改善したい!」
という方々の要望に応えることができます。
”総合的に心身にアプローチ”することを
教えていくことが必要だと私たちは考えています。

〝伝統的〟な実践法とは・・・

この3つの身体技法を
シームレス(途切れなし)に練習するのが
〝伝統的〟な実践法になります。

しかし残念ながら、
そのようにヨーガを教えている教室は
日本では希少です。

なぜなら
ヨーガ=ポーズの美しさ
ヨーガ=カラダの柔軟性
という企業のビジネス戦略による
世の中への刷り込みで、
多くの人がポーズだけを
重要視しているからです。

しかしポーズだけを練習、勉強しても、
必ず効果の頭打ち、進歩の限界がきます。
東京ヨーガセンター49年の指導実績からも、
そう断言できます。

ぜひ、この機会に
〝伝統〟として継承されてきたヨーガの
技術と理論を学ぶことを、私たちはオススメします。

担当講師

〝伝統的ヨーガ〟を学んだ講師陣があなたを全力でサポート!!

羽成 淳(講義担当)
東京ヨーガセンター代表

羽成 ちあき (講義・実技担当)
東京ヨーガセンター専属インストラクター

佐藤 昭英 (実技担当)
東京ヨーガセンター専属インストラクター

〝万人に結果が出る教え方〟を熟知した講師陣だから「安心」!!

東京ヨーガセンター本部のレッスンだけでなく地域サークル、カルチャースクール、
都内関東スポーツクラブなどでレギュラークラスを担当し、企業でのレッスンも担当。
レッスン以外に大学WSを担当するなど、さまざまな場所で
〝伝統的ヨーガ〟の理論と技術を伝える活動をしています。

学ぶ内容 -カリキュラム-

【講義】 【実習】 【ヨーガの教え方】

【講義】

◇講義概要◇
(全6回/12時間)

●インドにおけるヨーガの背景、歴史
●ヨーガコンセプトの理解
 →「ヨーガ・スートラ」「ハタ・プラディーピカー」より
●ヨーガ実習のガイドライン(技術と理論の総論)
●アーサナ/技法と理論
●プラーナヤーマ/技法と理論
●ムドラー・バンダ/技法と理論
●瞑想法
●ヨーガと健康
 〜リラクゼーション、ストレス、ホメオスタシス理論〜

【実習】

◇実習概要◇
(全72時間以上)

インストラクター専用レッスン:全12回
ヨーガセンター通常レッスン:全48回(週2回/月8回)以上

72時間以上の実習が必須となります。
たくさんの練習を行うことで、
あなたのヨーガ経験は深まり、教える技術も向上します。
レッスンスケジュールを一緒に立てて、
進んでいきますのでご安心ください。
フリーパスで半年間、
お好きなだけレッスンが受けられます。
心身も非常に良い状態になっていくでしょう。

【ヨーガの教え方】

◇ヨーガの教え方◇
(全6回/12時間)

◯指導法の講義
 ●ヨーガ理論に基づいたレッスンの展開方法
 ●プログラムの組み方/アレンジ法
 ●対象に応じたレッスン対処法
 ●クラスの運用法(小人数クラス)
 ●レッスンにおける注意事項/禁忌
 ●アーサナ/誘導技法
 ●プラーナヤーマ/誘導技法
 ●ムドラー・バンダ/誘導技法
 ●瞑想法//誘導技法

◯実践練習(デモンストレーション)
 ・実際のクラスを想定して行なう
 →その際、修正/改善点を確認していく

◯テスト
 ・模擬クラスにてレッスンを行ってもらいます

☆その他、質問、フォローも致します☆

※プログラム内容、回数時間は、若干変更する可能性があります。

実際に受講された方の声

CASE①すでにヨーガの指導をしている方

  
Kさん(31才女性 ヨガ歴7年 接客業)

自身で既に指導をしていた際、徐々に指導の方向性に疑問を抱き始めていた時に、
東京ヨーガセンターのヨーガへの考え方や指導の方向性にとても共感した為、ここでお勉強を深めたいと思いました。
理論面を勉強しながら実習を重ねる事が、やりがい、発見もあり、面白かった。
今まで漠然と良いと思っていたヨガの根拠を勉強することが出来て、楽しく、自信にもつながりつつある。 
東京ヨーガセンターのレッスンはシンプルな中に奥深さがあるように思うので、自分が永続的に行う上での軸を得ることができた。
何度も反復練習を行い、その場で具体的に指導して頂けたのが良かった。
また勉強することが、教える時の安全性につながるとことだとわかった。
半年間、面白かったです。これをスタートラインにがんばっていきたいです。

Q どんな人にこのコースはおすすめですか? 
A 人に教えることよりも本人がヨーガに面白さや興味を持っていて、そこを深めたい、もっと知りたいと思っている人。

CASE②もっとヨーガを深めたい方


Hさん(36歳女性 ヨガ歴5年 通訳/翻訳業)

東京ヨーガセンターに2年ほど通っていて、もっとヨーガを深めたいと思った。
自分によって居心地が良い教室なので、ここで勉強をしようと思いました。
コースの受講により、ぼんやりとしていた「そもそもヨーガとは何なのか」についてと、ヨーガをやる方向性が定まったことが良かった。
また日々ヨーガに通っていると、勉強したことが、 すぐに実践で生かすことができた。
練習ノルマは、ヨーガを習慣化できたこととモチベーションをキープすることにつながりました。
教える練習は、最初は緊張しましたが、途中から少しづつ慣れてきた感じがしました。
ティーチングも人それぞれの個性が徐々に出てくるのが面白かったです。
初心者、少人数には教えることができることを身につけられたとおもいます。

このコースの参加で、ヨーガを教える時に大切なものが、形などにこだわらず、はっきり理解できました。
受講により、自分の中のヨーガが、理論的にも実習の中でも深まり、自分自身が6ヵ月を通して、ヨーガで調整された感じがします。

忙しい時やストレスのある時こそゆっくりとヨーガをするのが大事だなと思いました。
あとは充実した時間を過ごせたことがよかったです。
東京ヨーガセンターにたまたま巡り合えてよかったと思いました。

Q どんな人にこのコースはおすすめですか? 
A ヨーガをもう一歩深めたい方に。

CASE③伝統的なヨーガに興味があった方


Sさん(37歳男性 ヨガ歴4年 Web編集)

東京ヨーガセンター通っていて、インドの伝統的なヨーガを根本にした内容に興味があり、教える技術も学んでみたかったから。
受講したことで、漠然としてイメージのヨーガではなく、理論的に捉えられるようになった。
また技法の押さえるべきポイントが把握できて、良い練習の習慣がついた。
そしてヨーガを説明するにあたっての根拠を得ることができた。
教える授業では、講師陣が毎回フィードバックしてくれることはもちろん、受講生が互いにフィードバックし合えたことがよかったです。
そして、客観的、多面的にヨーガについて知ることができた。
自分の知りたかったヨーガの最低限の知識、練習を継続することの重要性の理解、最低限のティーチング技術を得ることができました。

Q どんな人にこのコースはおすすめですか?
A 伝統的なヨーガに興味を持ち、それを教えてみたいと思っている人。

CASE④将来ヨーガを教えてみたい方


Uさん(51才女性 ヨガ歴3年 経理)

よりヨーガを理解したい、将来教えられるようになりたいため受講しました。
私は東京ヨーガセンターでヨーガを習いはじめ、とても効果を実感しているので、ここで受けたいとおもいました。
半年の間に、自身の心身の状態が良いほうに変化していることが、モチベーションになりました。
練習ノルマなど大変な部分もありましたが、半年間やり遂げることができました。
勉強したことで、なぜヨーガが現代にも求められるのかがわかったり、
理論を学んだことで、自分の実習を行う上で迷いが少なくなりました。
またそれらは、教える際にも迷いなく自信を持てることにつながると思えました。
実際に誘導をやってみると、人を的確に動かすことが難しかったが、総合的にどの勉強も練習にも大変満足しました。
十分なフォローもしていただき、半年間仕事をしながら、がんばることができました。
ヨーガが、よりよい人生を送るための指標になることをあらためて実感し、
良い方向に自分の心身が変化したことが何よりの自信になったので、いつか教える機会があればおしえてみたいです。

A どんな人にこのコースはおすすめですか? 
Q ヨーガを定期的に経験し、ヨーガの効果を実感している方。いつかこの教えてみたいと思っている方。

お申し込み

【トレーニングコースお申し込みフォーム】






説明会参加お申し込み

【説明会お申し込みフォーム】






PAGE TOP